<< 合理的なアイディアが人を幸せにする? | main | [ブックレビュー]深い河 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * web拍手WEB拍手!

[ブックレビュー]慟哭

慟哭
慟哭
貫井 徳郎

★★★☆☆
新興宗教にはまっていく男の話。
こういうのに入教する人って「騙されてもいいから信じたい。」みたいな感情があるのかもしれません。

関連URI:
[ブックレビュー]深い河
Kai * TV・映画・アニメ・書籍 * 15:15 * comments(0) * trackbacks(1) * web拍手WEB拍手!

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:15 * - * - * web拍手WEB拍手!

コメント

コメントする









トラックバック

慟哭/貫井徳郎

なかなかおもしろかったです。 ジャンルは刑事物のミステリーといったところでしょうか。 あらすじですがこの小説は主に3つの視点から描かれています。 連続幼女誘拐事件の捜

From bit Random @ 2006/02/18 12:40 AM
このページの先頭へ